幼児教育

幼児教育

幼児教育っていつから始めればいいだろう?
そんなお悩みのパパ・ママに役立ててもらえれば・・・

家電 通販 > 幼児教育

幼児教育 プリント

幼児教育っていつから始めればいいんでしょうね?
多くの子育てパパ・ママさんは気になるところでしょうね。

 

それに、どのように「ひらがな」なんかを教えればいいの?
やっぱり幼児教育教室ようなところに通わせたほうがいいの?
とか、いろいろ悩んでると思います。

 

そこで、ひとつインターネットをうまく利用すれば、幼児から小学生までの学習に役立つ教材(プリント)が手に入れることができます。
子供にそのプリントを使って練習させるので、印刷できる環境がないと行けませんが・・・・

 

サイトをいろいろ見ていると子供が興味を引きそうなイラストなんかを工夫して、練習できるような作りになっています。
幼児に対しては、いかに興味を持ち、続けることができるかということが重要ですので。
プリントを発行しているサイトにも書いてありますが、「子供の集中力は20分が限度」1冊の参考書なんてとてもやり切れそうにありません。
1冊が終わらない → 達成感が出ない → 継続できない
という マイナスのスパイラルになります。
ですので、1日1枚のプリントの問題をする → 終わった感が出る → 続けられる
というプラスのスパイラルを目指します。

 

チリも積もればマウンテンです
「1日1枚」「1日10分」
これを継続していければ、小学校6年間でとてつもない差が生まれます。

 

プリントを提供しているサイトでは、あるグループ分けされているところが多いようです。子供の進み具合や興味の度合いを見ながら、実行するプリントをいろいろ選択できるように小分けされています。
ですので、パパ・ママの管理能力問われるところもあります。
子供の得意分野、苦手分野を見ていきながら、プリントを選んで学習する習慣をうまくつけていきましょう

 
 

私たちには管理能力なんてないので、やっぱり誰かにお任せしたいというのであれば
  こちら ⇒

 
 

英語 幼児教育

2020年東京オリンピックが開催されますね。日本全体で、観光立国を目指してますます、海外からの観光客やビジネスで来日される方が増えてきます。
ここでのコミュニケーションの一つが英会話ですね。
子育て世代のパパ・ママも会社で英会話力の必要性を感じているんじゃないでしょうか?
更に我が子も早いうちから英語を習わせたほうがいいのでは?
と、悩んでいるんではないしょうか?

 

一体いつから始めればいいんでしょうね。
いろんな情報からすると、言語習得は早ければ早いほうがいいようです。
生まれた子供は、あらゆる言語を理解する能力を持っているとのことです。でも、それを使わない(聞いたり喋ったりしないと)失われていくそうです。

 

「耳の黄金期」っていうのがあって、いろいろな言語には特有の周波数があり、日本語の場合は250〜1500ヘルツだそうで、英語とは違うようです。年齢的には0〜3歳までがこの耳の黄金期で、この時期に聞いた言語が理解できるようになるようです。
ですので、言語の習得は0歳から始めるのがいいということですね。
生まれてすぐなんてできないと思われるかもしれませんけど、日本人は英語を勉強すると言いますが、西洋では英語は慣れるものという発想です。
要は、あまり勉強と構えないで、小さい頃から英語に慣れ親しむのがいいと思いますね。
今では幼児向けの楽しめる教材が多くありますので、子供が楽しく見れる(聞ける)教材を選ぶのが重要なんだと思います。
身近に英語があることが重要なんだと思います。  

幼児教育 トップへ戻る

Copyright 2017 © 家電 通販 All Rights Reserved.

  • SEO
  • loading
  • トラベル(旅行) ナビ
  • SEOブログパーツ