WiMAX

WiMAX

WiMAXは工事が不要で、モバイル高速インターネット通信ができる通信回線サービスです。

家電 通販 > WiMAX

WiMAXとは

Worldwide interoperability formicrowave access 高速無線通信ネットワークの規格のーつ。携帯電話の3GやLTEと同じ世界基準の移動体通信規格です。日本ではKDDIグループのUQコミュニケーションズがサービスを行っています。WiMAXはデータ通信に特化したサービスなので、スマホのように通話することはできません。この会社から設備を侶りていろいろな会社がWiMAXサービスを提供しています。通信速度も徐々に高速になってきていて、現時点では最大220Mbps(WiMAX2十の規格)となっています。ちなみにLTEは最大150Mbpsですので、速度面ではWiMAXのほうがー歩先を行っています。

WiMAXメリット

なんといっても工事不要です。

通常、光回線の敷設は申し込んでから早くても2週間から1か月(設置場所に面した道路に光回線が通っている場合)。近くに光回線が通っていないと数か月 後とか。この点WiMAXは、スマホなどと同じように電波を利用するので、時間のかかる工事は不要。回線業者から送られてくる設定済機器(ルーター)の電源を 入れるだけ。あとはそれにスマホや、パソコンをWiFiでつなぐだけ。短期間に利用開始できるのがWiMAXのいいところです。 急な転勤や出張が多いサラリーマンなどにはWiMAXの利用を検討する価値はあると思います。 通信速度は? 同じ電波を使っているスマホなどのLTE回線は、屋大150Mbps(特殊な技術を利用すると300Mbps)―方WiMAXは、それより高速な220Mbps (WiMAX2十仕様)です。これらは論理的な昌大速度ですので、この速度で通信できることはまずありません。要は、実際に使い物になる速度がちやんと出るかど うかです。YouTubeやNetnix勤画サイトをよく見る人は、速度が重要になってくるでしょうし、WEBの閲覧やSNSがメインなら、速度よりも毎月の利用料のほうが重 要かもしれません。

使えるの?

実際Wimaxの利用可能エリアマップなども公開されているので、まずはそれを見てチェック。次に実際ルーターを試用のために貸出してくれるところもありますので、 イ昔かりてみて、自分の生活圈内で使えるかどうかや通信速度などもチェックしてみるのがいいです。建物が入り組んでいたり、大きな商業施設は多くの人が利用する のでつながりにくいということもあります。Wimaxをサービスとして提供している業者はたくさんありますが、実際の通信設備を持っているのはUQ-WiMAXだけですの で、利用エリアはどこの業者から借りても同じです。業者間で違うのは料金体系や、提供できるルータの種類です。 通信速度はLTEよりも早いので、持ち歩けるインターネット環境としては最も高速です。

WiMAXデメリット

電波を使うので、自宅の有線光回線に比ぺると不安定さや繋がりにくさがあります。
以前はWiMAXはデータ容量には関係なく使い放題でしたが、最近は他のユーサンへの悪影響を懸念して、3日間で10GBを超えると速度制限がかかるのが一般的です。スマホのように月間の通信容量で制限はかかりませんので、制限は緩いほうですね。
LTEよりも使っている電波の周波数が高い帯域なので、速度はWiMAXのほうが速いが、壁などの障害物に弱いところがあります。

WiMAX トップへ戻る

Copyright 2017 © 家電 通販 All Rights Reserved.

  • SEO
  • loading
  • トラベル(旅行) ナビ
  • SEOブログパーツ